新樹造園からのお知らせ

新樹造園のサービス一覧

設計

施工

管理

新着情報

会社概要

お問合せ

”庭”は施主様のものです。施主様のご要望と夢を叶える、お手伝いをさせて頂きます。 豊かな経験を生かし、高い技術で時代に合った表現で、センスある快適な景観を造ります。 「誠意と創意】を信条に、お客様のご相談に応え、期待を上回る仕上がりをお約束します。

スタッフブログ2020

 

  

2020年・新樹の庭仕事

 

8月

AFTER (石積が景色です!アオダモ、ソヨゴ。アオダモ、モミジ)

地被はハツユキカズラにサビ砂利を敷きました。

先月下旬からお取込みが有りまして・・・・更新が出来ませんでした!

本日8月3日狭い場所ですが改造完成しました!

BEFORE   ( 管理不行き届きは 我が社の責任でもあります)

笹や姫ウツギが繁殖しすぎてユウスゲの株も肥大!

折角の石積みの景色も見えなくなっていました。

 

 

 

 

7月

剪定シーズンです。紅葉は切り詰めずに枝先が風になびくように!

「剪定しました」のブッツン!スカスカではなく、爽やかな姿を残すのが『良い剪定』

 

 

 

BEFORE (左端・梅 、 中央・  ヤマモミジ)        AFTER

剪定講習会でいつも言っている事ですが、対生の枝を互生に仕上げる!これが剪定。 

 

6月

 

板塀出来上がりました!杉板(150×18×4000)にキシラデコール3回塗り。

柱はアルミ化粧木目(60×60×2400)、屋根は端木舞を下に敷いて同じ板を載せます。

 

玄関脇の駐輪スペースです。自動車が突っ込み隣家と共に破壊されましたが

修復しました。

 

待望の雨!大地に滲みる量降ってくれました。水垢やカビの付いた福野北部地区の石碑の

掃除を任されました。乾ききった汚れは直ぐには落ちないので自然の雨を待ちました。

1か月前から雨らしい雨が降りませんでした!雨上がりの作業です!

 

完了(after)                施工前(before)

  

南砺市福野北部地区戦没者慰霊碑です。2台の高圧洗浄機で見違える美しさ、風格感じます!

 

小矢部川産の石碑も蘇りました。右・洗浄前 洗い方はそれなりに研究しました!

 

北部地区の戦没者名を刻んだ石碑も美しくなりました。

 

 

4月に完成した射水市の庭の柴垣の木から新芽が出ています!

元に根が出ているかも?ですが、木の勢力と既に吸い上げていた水分で芽が出ているのでしょう。


板塀にしたいと仰せです。南砺市高儀地内



家人は年間3回の刈込と何度も殺菌剤散布を続けたが、疲れた!と

  

レッドロビンの生垣!こまめに刈込が続けられれば良いのですが、ごま色斑点病に

褐班病が重なるなど、いかにも病的な斑紋が表れて樹勢が極端に衰えます。

この写真は4月中旬で、一番美しい時です。眺めるだけの人には”勿体ない”けど。

 

杉苔を貼り直し、砂利も洗ってさっぱりしました。

管理上苔の上を歩き易いように小石を据えました。高岡市姫野地内

 

5月

 

杉苔を貼り直します。アドビリも洗い直してリフレッシュ!さっぱりした景色が戻ります。

 

蹲など石の上に苔も付き過ぎました。笹が広がり表層に樹木の根が密集したので改良工事。

  

2009年に道路拡張により縮小した庭、11年が経過して雑草もですが下草類も増え過ぎて。

  

高岡市姫野地内

 

清水が湧き出るのは羨ましい条件ですが、今はそれを必要としませんので取り合えず排水路に!

先ずは芝生を貼っ環境を整える事とします!テラスも石貼りで仕上げました。

 

芝の管理を上手くすればゴルフ場の様になります。土のままでは雑草の管理はできません!

 

南砺市坪野地内

 

 

 

交差点の角に緑地が確保されていましたが、雑草で手が付けられない状態。そこで改善!

 

南砺市福野・らーめん真太

4月

満開の桜も、世界流行の肺炎の為に色褪せて見えます。

アビガンが有効な治療薬になる事を切に願っています。

 

人工芝の中に”ココヤシ”の植栽。砺波市

 

目に眩しい街灯とは違う間接照明!満月と三日月が玄関前を照らします!

妙高のヨッコさん、写真のアドバイスありがとう!

周囲の景色も少し写る様に、日の入り直後から何枚も写してみました。

雨の13日全体を掃除して砂利敷しました。工事完了です!

 

柴垣に比べると竹垣は安っぽく感じます。柴垣の自然の曲がりが面白いですね!

戸室石の延べ段は石肌が渋くて、見た目も温かで優しい感じです。

 

 

戸室石の延べ段の横に自然石で水の溜る石を据えました。台石も戸室。バードバスです!

このように剝れる性質の比重の重い花崗岩の一種です。鞍馬石に似た性質です。

 

機械切の跡が皆無の、古い時代の赤戸室石にご縁がありました。8日

 

目地も同系色で仕上げました。渋い石肌で大好きな戸室石です。7日

 

古い土蔵の腰回りを飾っていた優良石材です!なかなかお目に掛かれない真の戸室石です!

 

加工しながら順次伸ばして行きます。渋くて柔らかな感じがとても上品です!

 

 

3月

”射水の庭”植栽開始、オブジェ設置!進行中

 

赤みのミカゲ背板でオブジェ作り、植栽もしました。月と太陽、どっちが好き?

 

枝垂れ桜の下に丸い歯車のような古いミカゲ製の物を飾りました。

何に使われていた物かは不明です!ただデザインとしての模様かも知れません?

 

雑草防止の為の敷石です。土の部分は週末に植栽予定。

 

塀の中の塀?どうしても必要でここにしか置き場所が無い機械。それを目立たせない工夫!

下の写真がその設備です。

 

 

 

 

モグラ捕獲完了!

昨年夏から荒らされ始めて捕獲器設置、場所を変えたりしながら5回目!

ついにゲット!あちこち掘り起こすので、沢山いるようですが縄張り有るのか一匹捕獲すると

かなりの期間荒らされません!一安心です。

  

 

 

”絶対枝垂桜植えてほしい”お客さんの唯一の希望です!それ以外はお任せするから!!と。

 

塀完成。外に明かりが無いので、ライトアップとオブジェなど今から大急ぎで!

 

 

 

 

 

2月13日と14日は南砺造園業組合の研修旅行でした。

コロナウイルス騒ぎの中でしたが、マスクと手洗いとアルコール消毒を徹底して研修しました。

上野の東京都美術館で毎年開催される国風盆栽展と、埼玉県立いずみ高校の石の球体見学です。

とても参考になりました!

 

石の球体の考案者で作業の指揮をされた庭師・厚沢秋成氏が説明役をして下さいました!

また当時いずみ高校の教師で現在羽生実業高校の増田利久教諭も見学の手はずをして下さいました。

 

富山県南砺造園業組合、同青年部と合計16名で意義ある研修会でした。

 

2月も12日になりました。6日〜10日には初雪が降りましたが11日以降は晴天です。

石を積むために5cmへこませた所を埋め戻す必要があります!

塀の内側も作業を始めたいのですが、塀の笠や塗装が完成してからでないと!

 

 

1月28日雪の無い青空で影のできる天候です!国体会場のスキー場が心配になるこの頃です!

蛭川ミカゲ85%積み終わりました。

 

型枠の組めない場所はブロック積で対応します。陽の射す天候で有り難い日でした。

 

 

 

「サイカチ」数年前にも紹介しましたが、成長する鉄条網です!剪定しました。命がけで!

社員曰く、何から身を守るためにこの様に進化したのだろう?

 

太い大きなユリノキ3本伐採しました。内2本は太鼓の胴状態!半分載せるのがやっと。

 

  

 

1月も24日を過ぎました。全く積雪無しなのでセメント使いながらの作業も普通にできます。

 

2019年同様、雪の無い正月を過ごしました。9日から再開も土日休業なので・・・。

 

年間休日制度を採用していますので、お正月休みは長〜いのです。

 

9日から石積み再開!
 

   

令和2年明けましておめでとうございます。

新樹造園
ホームへ
新樹造園のサービス一覧
設計
施工
管理
写真で見る施工実績
住まいの庭・和風
住まいの庭・洋風
雑木の植栽と現代の庭
竹垣・袖垣と生垣
苔と地被
飛び石と延段
門と塀
滝と池と流れ
アプローチの敷石
石積み・石組
オブジェと灯篭
パーキングスペースの景
屋敷林の維持と剪定
街路樹と公園
NPO南砺の山々を守ろう
会社概要
お問合せ
リンク集
スタッフブログ

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS